2021年01月17日

日曜日

今日はロデリンダだけにした。ヘンデルの素晴らしさが今日わかりました。とにかく楽。あらかじめ読んだあらすじは歌舞伎か文楽のように複雑なのに、始まってみればセリフも歌詞も少なく、それで複雑な展開をする、つまりストーリー自体はパタパタと進む。歌は「は~はっはっはっはっは」ばっかりで短いフレーズを繰り返すだけ。ずっと画面の字幕を見ている必要がなく、のんびり歌手の超絶技巧が楽しめる。演出がつまらなければつまらないだろうが、そこはMETの豪華なセットに豪華な衣装に豪華な?演出で見ていて飽きず、あーいいもん見させてもらった。こんなにいいもの毎日無料で見られるなんて本当に有難い。

ウイーンのローゼンカバリエはオーランドがおばあさんで、あとの二人の女性も随分太くて、なんかもう全然感情移入できなくて見るのを諦めた。無理。あれは宝塚なんだから、やっぱり見た目が・・・

並行して昔読んだ音楽史の本を取り出してきて、最初(中世)から実際の音楽聞きながら勉強している。夢中になると突っ走るタイプなのだが、毎度のことながら何処を目指しているのかはわからない。謎。
【関連する記事】
posted by toto at 22:42| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください