2020年07月01日

火曜日

午前、食料の買い出し。雨がガンガンに降り寒いなかをわざわざ外出せんでもという感じだが、食料がないので… あらかじめ調べておいた最寄りのパン屋とスーパーをまわった。パン屋はまあまあだった。スーパーも豆乳ヨーグルトと種付きプルーンが置いてあったのは良かった。がしかし生鮮食品は… 鮭と野菜を買って帰ったけど、家に帰ったら鮭がちょっと臭くなっていて、食べるのを断念。ベビーリーフも袋を開けたら臭くて、腐った葉っぱや茎がたくさん混じっているのを見てやはり断念。レタスのみ食べたが、二度とあそこでは買うまいと心に誓った。無理。
その後、もう一軒別の八百屋に行ったが更にしょぼく、南禅寺御用達の豆腐を買ってみたが味は普通。雨とコロナのせいで、どこもかしこも暗く静まり返っていて、なんかものすごい僻地に飛ばされた感じがして涙が出そうだった。とにかく食べ物が入手できないし、人がいない。店がない。珈琲豆も欲しいのに、未だに買えない。歩いて行く方向が間違っているかもしれないので、次回は北東方面に向かってみようと思う。もっと活気があるはず。
家の片付けはぼちぼち進めている。目下の悩みは台所で鰻の蒲焼きのたれの匂いがすること。あやしいと思われる床や壁や扉をごしごし拭いているのに、常に蒲焼き臭がするのは何故(´;ω;`)ウゥゥ そのほかは、部屋の広さの割には荷物が多いことが気になるぐらいで、部屋が前より小さいことはさほど気にならない。窓からの景色もいい。外も静か。空気も若干すがすがしい。でもなんか、僻地に飛ばされた感がして、限りなく心もとない。やっぱり今まで20年以上、中京区に住んでいたせいかなあ。学生の間は左京区でもいいけど、大人になったら中京や上京に住むべきなのかも。成り上がった人は下鴨や上桂でもよいでしょうが。

明日は会議と、小学生のボランティアがあるので、とりあえず大量の段ボールの中から日本語の資料だけ探し出した。
とにもかくにも、この僻地感。どうなるんだろう自分。不安でいっぱい。
posted by toto at 02:04| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください