2020年06月26日

金曜午後

名人戦中継は1日前からず~っと鍋の形勢が悪いまま、解説は雑談多めでのんびり進んでいる。鍋には悪いが豊島君が勝ちそうなので心安らかに本詰め続行、さらに3箱完成。まだ本が余っているのでもう1箱、本と書類とDVDでも詰めれば紙類は完成しそう。
いざ詰めようという段階になると、やはり、「こんなもんわざわざ次の家に持ってくか?」と思うものが多く、じゃんじゃん捨てる。去年の検定の資料も、あの時は「今後きっと役に立つはず」と思って大事に保管していたが、今は「全く必要なし」としか思えないので、全捨て。初級はわからんが、今私がやっていることに関しては日本語教育よりも、他分野の仕事の方が参考になる気がする(ああ、この3か月で職業観も何もかも激変)。というわけで再び紙ごみが大量に出続けている。明日、最後の古紙回収なので今日ラストスパート。
結局、最初にもらったダンボール小10個が全て本で終わりそうなので、アリさんに追加のダンボール小を頼んだ。昨日、汗だらだらかきながら市役所まで運んだパン焼き機は、市の大型ゴミセンターに電話してキャンセル。いつも電話口でおねいさんに、パン焼き機→ホームベーカリー、足湯器→フットバス、と訂正される、その瞬間に年くってるのを感じる。名前としては「パン焼き機」の方が響きがかわいいと思うんだけど・・・

にしてもに引越しは辛い。ここを出れば幸せになれると分かっていても、辛い。
辛いと急激に眠くなるタイプ。
posted by toto at 16:02| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください