2020年06月16日

月曜日

はい、心がバッキバキに粉砕された月曜日。
朝一に上司がやってきて、私がWBに書いているものを見て「書いてはいか~ん」と仰っるのだがよく聞いたら勘違い(私が明日の試験の順番を書いていると思ったらしいが、なんで明日のことを今日の朝書いてると思うのか意味わからん)。さらに、個別でやろうとしていたことをグループでやれば~?みたいに軽く言われて「え?え?」となっていたら、「でも個別で考えてきたんですよね、じゃあ変更しなくていいです」と言われてセーフ。個別で全員分終わるように計算してきたし、グループでやって欲しいなら最初からそう指示を出せよと。20文字で簡単にしか書いてなかったから、その範囲内で考えてやってるんだけど。
という具合に、既に毎週恒例となりそうな月曜朝一攻撃をくらい、なんとか終わったと思ったら時間が余り、何していいんだかわからなくてめちゃくちゃ動揺して終了。深い自己嫌悪に陥り、家に帰ろうと外に出たら死にそうな暑さ、頭がパニクってるからランチでも食べて心を落ち着けようとしたら2週間ぐらい前まではすいていた店がどこも一杯。仕方なくスーパーに行き、ベンチに座ってしばし放心。何分ぐらい座っていたかわからない。料理をする気が起きないのでパンとスープを買って帰って、食後は辛い気持ちを忘れるために昼寝。
ようやく少し気分が持ち直したのが夕方。書き忘れていた日報を書き、連絡事項をLINEで流し、さっぱり分からない明日の段取りについて問い合わせ。本当はもっと詳しく教えて欲しいけど、全部聞いたら収集つかなくなるから少しだけ聞いて、あとは明日、早めに行ってなんとかしなくちゃ。何しろ明日は試験の評価をしなければいけないので、辛い。まだ自分のクラスの生徒しか接したことないのに、他のレベルの学生の評価とかできるんだろうか?(もう全部ほぼ高評価にするしかないと、既に心に決めている。全体的に低評価にするよりマシという判断)

という具合にボロボロなのですが、明日配る枕草子文集のために、自分も書いてみた。あまり冴えた案が出なかったので、テキトーに飲み物シリーズで、最後は私の最愛の飲料・コーヒーをひたすら推して〆。可もなく不可もなく65点ぐらいの出来。学生には「構成を考えてから論理的に書け」と指導しているが、自分は全然そんなことしてなくて、最初っから適当に書き始め、力づくで最後にまとめるというやり方。でもそれでなんとなくまとまるんだもん、いつも。(一応、文筆業してましたので)
ああもう寝るわ。くっそ憂鬱な明日。もうどうとでもなれ。
posted by toto at 00:38| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください