2020年02月08日

人が少ない

旅行の前に医者に行っとくかと午前中出かけたら、医者まですいていた。
とにかく今の京都、ありとあらゆるところが空いている。
考えられる原因
・観光客がいない
・老人が出てこない(寒さとコロナ)
あたりではないかと。昨日話をしたおばあさんの友だちは、平日午後にカラオケに行くのを趣味にしていたのに、コロナが怖くてカラオケに行くのもやめたそうである。カラオケ関係ないんちゃう?と思ったが、おそらくそんな調子で老人たちが医者(一種のレクリエーションだった)やデパート等々に出て行くのをやめたのではないかと思われ、それであらゆるところが空いているのではないか。医者もバスも地下鉄も路上も、とにかくすいていて快適。
「そうだ京都いこう」以来、もう二度と京都が静かになる日は来ないかと思っていたが、意外にも早くやってきた、静かな京都。

さて今日の夜は例のインタビューをする予定。ボランティアをやっている場所の近くまでは行くがボランティア自体はしないので、元締めの人に休みますと連絡したら、何やら細かい指示が来た。そんなにきっちりやらなくてもいいんちゃうかなー。言葉の分からない外国で暮らしている人間は、言われたこととか現地の状況の70%ぐらいしか理解していない中でザックリ生きてるから、よっぽど重要でない限りそんなに細かいこと気にしてないと思うんだけどね。自分も身に覚えがあるので同情しないこともないが、周囲の状況や人間を細かくコントロールしようと思えば思うほど本人が苦しくなるから、ま、ある程度のところで諦めていただきたい。(もちろん私に影響のないところでは好きなだけ神経質になっていただいて結構なのですが)
posted by toto at 15:15| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください