2019年01月20日

AO day6

滋賀県某市に行ってきた。近隣の外国人に無料で日本語を教えるボランティア活動の見学。のつもりだったが、行ってみたら「よければどうですか」と言われ、即教えることに。人手が足りないから、資格とか何もなくてもいいんでぜひお願いしますという状況だった。一緒に行った沖縄はいきなり初級後半の男の子ふたりの相手をさせられ、私と滋賀の二人で、初級第1課の中国人5人組の相手をすることに。しばらくすると私だけ別の部屋に呼ばれ、一人でネパール人の女の子に教えることになった。英語が通じるので助かったが、寿司も刺身もすき焼きも知らないので、タブレットで画像を出して説明した。ちなみにヒンドゥー教徒だから牛肉の入ったすき焼きは食べられないそうである。彼女は私のことを「日本人か?アメリカ人だと思ったんだけど。本当にお父さんもお母さんも日本人か?」と何度も言っていた。幾ら何でもアメリカ人はないやろと思ったが、ネパール人の目から見ると、大きくアメリカ人が含まれる集合体の中に入るような顔なのだろうか。
ネパール人の旦那さんが日本で働くので一緒に来たそうだが、一生懸命勉強してる感じがなんともかわいかったなあ。私に来週も来て欲しいような感じのことを言っていて、ああ来なくっちゃと思ってしまった。で、2月以降はたぶん毎週通うと思う。実際、教える練習をさせてもらえるところが他になさそうなことだし。
しかし、この年になってネパール人にアメリカ人呼ばわりされることになろうとは、思ってもみなかった。
posted by toto at 00:23| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください