2018年09月08日

新居見学とか

夫がどうしても引越し先を私に見せたいようで、部屋の寸法を測りに行くから一緒に来る?とか誘われて、来る?って言われても別に行きたかないんだけど、それを翻訳すると「来い」なので、行った。
今日は雨だったので地下鉄3駅ほど乗ったけど、普段は自転車で行くところ。学生時代に住んでたとこから始まり、20代のバイト先とか30代は能を見に行ったりとか、最近だって図書館行ったりとか、よーく知ってる地域。夫は京都生まれだが京都のことはよく知らないので、初めて進出するエリアらしく、うきうきしていた。部屋もずいぶん気に入っているようで「買ってもいい」とかわけのわからんことを言ってるぐらい。
とりあえず今後の方向性が決まって以降は、よく話をするようになって。っていうか、私も悪いと思ってるから出来るだけ話を聞いてあげるようにしてるんだけど、とにかくいろいろ話したいみたいで、家でもやたら私のところにきてあれこれあれこれ話しかけてくる。それを昔のように愛想よく話を盛り上げてあげてたら疲れて疲れて。要は、スナックのおばちゃんとお客さん、みたいな感じなんだよね、こうなってしまうと。お客さんの話に内心「いかがなものか」と思っても、そこはあからさまには反論せず、でも適度に意見を言ってみたりして、気分よくなるように適当に盛り上げてくわけだけど、でも決して本気で反論しないから、こっちはストレスがたまる。たまに本気で反論すると、喧嘩になったり怒鳴られたりするからそれも疲れる。これが長期的には続けていけないところなんだなあと再確認。そういう風な関係に持っていってしまった自分も悪いんだが。

ちなみに私はテレビが嫌い。今家にあるテレビも夫が持っていくので、そのあとはテレビなし生活になる。何が嫌って、勝手にしゃべられるのが一番嫌で、テニス見るときも解説の音声を消している。話しやすいとか言って、みんな色々話しかけてきてくれて有難いけど、本当は他人と話すのが好きじゃないのかも。いや、そうでもないか。いや。どうなんだ?
posted by toto at 22:57| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください