2018年08月28日

親が家を占拠

父&母がやってきた。すっごいタイミングで更年期障害がどうとか家に帰ってきてくれとか泣きついてきたので、夫がこっそり何か言ったのではと疑っていたが、どうもそういう気配でもなく、こっちに来たらケロっとしている。数日前までの母は、眠れないだの食欲がないだの自分の精神状態がどうだの、あんなに騒いでいたのに。母は普通に老人なので、明日の観光のためにGoogle mapを開いて地図を見せると、これはどうやって見るのかと尋ねてくるので、「これはGoogle map」とアプリを開いたり閉じたり目の前でやって見せても、依然として「それでどうやって開くの?」と質問してくるので、なんかすっごいイライラして「だからこれが地図」みたいなことを強い口調で言うと、「そんなに怒るな」と父が言う。自分は家でいつも母を怒鳴り倒してるくせに、なんでこれぐらいのことで私が怒られるか?と更にイラつく。
家につけば即テレビをつけて韓国ドラマを見始めるし、食後は居間でごろごろして数独してるし、何の遠慮もなくくつろいで私の生活スペースを占拠。「自分の家だと思って遠慮しないでね」なんて一言も言ってませんが。もう、老人という領域に入った突き抜け感がすごくって、親だとか血が繋がってるとか信じられない。野生動物を見ているような気分で、あらゆる意味で自分の将来に不安しか感じられない。このまま一緒にいると本当に更年期障害になってしまいそう。
明日と明後日の観光は自分たちだけで行ってくれるらしいので、それは助かるが、いつ帰るのかはまだ決めてないらしい。いつまでいる気だ?

三界に家なし、とか、背水の陣、とか、そんな単語が浮かんでくる。

……父がトイレに起きてきてこっちを覗き、まだ起きてるのかと聞いてきた。そんなもん見りゃわかるだろ、どう見たって起きてるだろが。何か用かと聞くとなんでもないらしく、イラつく。子供のころからずーーーっと「まだ起きてるのか、早く寝ろ」と言われ続けてきているので、もう本当に勘弁して欲しい。50歳なんだから何時まで起きてようが本人の勝手だろうが。しかも、夜更かししてるから全ての悪しきことが起こるみたいな、そういう発想もういい加減やめて。自分が早寝早起き出来ないことに、どんだけ罪悪感を感じ続けてきたかと思うと、あまりにも多くの時間を無駄にしてもったいなかったと気が遠くなる。結局、夜何時に寝てようがどうしようが私の人生はこんな風で、なんも変わらんのじゃ!
ああ本当に更年期障害になりそう。

飢え死にしても実家には帰らんと心に誓う。
うちの親はそういう意味でとどめを刺しに来たようなもんだな、今回。
posted by toto at 00:47| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください