2020年09月20日

日曜日夜

将棋夜の部も、開始前から大爆笑。いや~今日は面白かった。明日はいよいよ叡王戦最終日。勝ってほしい・・・

なんとかパラに出ている俳句講師の入門書をキンドルで買い、そこに書いてあるとーりに俳句を作ってみた。
あらびっくり。
なんかそれらしいものが二つほど出来ましたよ。これなら学生も、出来るんじゃないかという気がしてきた。
俳句とか将棋とか、特技としてできると役に立ちそうだな単純に。もう少しちゃんと勉強してみようかなー。

ところで、更年期障害のホットフラッシュなのでは?と思われる現象が1、2週間前から発生している。本当は夏の間も起きていて、暑すぎてわからなかっただけかもしれないが(気温が38度ならば体温が多少上がろうと分かるわけがない)。最近は入口で体温を測られる施設も多いが、ホットフラッシュ中の体温はどのようになっているのだろうか。更年期障害で入館差し止めになるとかどうなん・・・。母親が、ものすごく気持ち悪く不快な現象だから、なればすぐわかると言っていたが、そこまで不快でもない。それより肩の方が痛い。
とりあえず新品のマットレスで眠れることがうれしい。(+明日も休み)
posted by toto at 22:20| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜昼間

2時から将棋を付けて昼寝しようと思ったら、開始直後からいきなり笑えて眠れん。

水曜の準備、小学生の方がとりあえず出来たので、次は大人。こっちも前半は終わり、後半に入っている。食欲の秋、とか、読書の秋、とかいう言葉が学生から出てくるのか来ないのか未知数だが、無理矢理秋のイメージ画像を並べている。でその後、柿くへばの紹介ビデオ流して・・・それからクイズやるかビデオその2流すか・・・夏井いつきのツベ見てたら、助詞を教えるのにものすごく優秀な動画を見つけて、これは最終回に見せようと一人ホクホクしてしまった。

五十肩の秋。
posted by toto at 14:18| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑茶とよもぎ餅

7E0EC9D1-985E-4CBA-9E04-234DD51FA24A.jpg


最近、おやつ係数が高まっている。
posted by toto at 12:58| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜深夜

まず、意識が朦朧とする前に、学生が送ってきた文章の添削を。

よし添削終わった。簡単だと思ってたら1時間近くかかった。

俳句については、母に話を聞いてみたらトビレバ?トレバラ?なんか、そういう感じの名前の番組で俳句の添削があってそれが人気だと教えてくれた。動画を見たが、留学生が理解するのはちょっと難しいかなあ。おもしろそうなところを部分的に見せるのはいいかも。そもそも俳句の説明するのも面倒になってきたので、適当な導入を考えたら、あとは某放送局の教育動画で説明すませちゃおうかなと思ったり。で、季語を入れるとか575にするはハードル高いし、文語文なんてもってのほかなので、とにかく現代の自由律俳句を例として見せて、似たようなのを自由に作ってもらうのがいいんじゃないかな~。もちろん最初は575でやるけど、どうせいつも文法教えたって守らないんだから、575だって守らんだろ。
で、作ってくれるかどうかは不明だが、作ってくれるという仮定で、句会方式で授業をする。無記名で提出された句を見せてどれがいいか投票してもらい、上位入賞者のみ名前を発表するというもの。もし誰も提出しなかったら、咳をしてもひとりとかまっすぐな道を並べて選ばせる作戦。

借りた本で尾崎放哉や山頭火の生涯をざっと勉強したが、彼ら、社会人としてはダメダメな人たちだね。芭蕉もぐるぐる旅をしていたけど、この二人も旅ばかりして生活の糧を得ることに関してはぐっだぐだ。咳をしてもは、何だかわからないまま、大学時代に先輩たちの口癖を真似して風邪をひいてしんどい時などに呟いていたものだが、なんというかもっとシュールでエゲツないものだったのだなと。
うちは母方の祖父、祖母、姉妹がずっと短歌をやっていたのだが、母だけ10年ぐらい前から俳句に転向し、今では短歌なんて長すぎて無理らしい。私は昔、能だった関係からどうしても興味が連歌の方にいっちゃうんだけど、まあ、いずれにしても面白い。作る気はないけれど、はっとするような言葉の並びを見るのが好き。こうやって無駄なことを無駄に調べて、調べた内の1割ぐらいを授業で使うっていうのが楽しいんだよねー。

さあでは、今夜から新しいマットレスで寝られる~ もうダニに刺されないという安心感。悪化しつつある五十肩には湿布。
posted by toto at 01:56| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする