2019年12月30日

月曜日

94C3BCB0-7075-4015-AF9C-E1084D8C3D7F.jpg



サバイバルウェディング意外と面白かった。次はとなりのアブダラくん。間に中国語の文法書を挟んでいる(それも読書と呼ぶならば)。
夜はNさんと多国籍料理を食べに行った。エビのすり身の揚げたのを勢いで食べてみたが、やはり微妙にお腹が気持ち悪い。ダメなのね。やっぱりダメなのね。
買ったばかりの新しいメガネをかけていったが、変わったのがわからないと言われた。それって成功のような、失敗のような。

という具合に1日ほぼ読書してぼーっとしての繰り返しで終わった。このマンションにいるのは嫌だが、帰るのもまた面倒。生活リズムが崩れるし、ほぼ何もしないで数日過ごすことになるので、それを家族団欒と前向きに捉えられるかというと微妙。 年賀状も作ろうとしてめんどくさくなって途中でやめた。友達、どんどん減ってくなあ。増やす気力もわかない、これが老化現象か。
posted by toto at 23:07| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜夜

今日の叡王戦は、あっさり終わって拍子抜けした感じ。あとは大晦日の共同訓練。自宅でゆっくり見ようと思っていたが、このマンションにいるのが嫌なので、おせちを受け取ったら動画みながらとっとと実家へ移動することにした。

どう考えても、夜中の10時半に電話してくる人が嫌。そしてその人の言ってることがおかしい。丸二日間、考えまいとしても考えてしまって嫌な気分だったが、ようやく「あれはやばい人」という結論が私の中で確定した。「やばい人」にはかかわってはいけないのである。だって、やばいから。
ということで、どこか別の賃貸に引っ越せないかと物件をネットで物色してみたりしたが、パッとせず。こういうものは根気よく探せばいいとして、それにしても引っ越すとなるとこの家の共益費は誰が払うのとかいう話になるので、昔一緒に住んでた「やばい人」に連絡を取らねばならず、そこも厄介である。やっぱり住環境としては今のところがいい。それに離婚するしないの交渉は相手の方から動いてもらいたい。当分ここに住めればそれに越したことはない。
で、次善の策として当分ここにいると仮定した場合、どうしようかなと考えた結果、あと3カ月で任期が切れるのをまたずに1月末で理事長やめま~す、と宣言してみる案を思いついた。政治家だって、自分の政策が不信任だったら責任とってやめるわけだから、私も不満噴出に対する責任をとってやめます、で理屈は通るだろう。以前、いつでも理事長をやめられるシステムになっていると教えてもらった記憶があるので、いけるはず。で、辞めるけど今後のレールだけはバッチリ敷いておいて、かつ、総会に向けての段取りなど残りの仕事を管理会社の妖精にあらかじめ指示して、私が言うとおりに理事会・総会の司会進行をしてもらう。そうすれば、私の後任で理事長になってしまった人も「何にもわかりませ~ん」と責任逃れできるし、私も「もう関係ありませ~ん」と責任逃れできるし、管理会社は「これまでの流れの延長線上でやってるだけで、今さら変更できませ~ん」と言えるし、責任の所在がないまま諸々の案件を押し切れるのではないだろうか。
何よりも、私の気分がすっきりする。やめたったわ、と。そして、私さえいなくなれば何とかなると思ってる奴らの裏をかき、無責任で自己中な発言ばっかりしてる人たちの攻撃対象(私)を無くし、でも最低限のラインは譲らずに私の考えを通す。私のストレスはなくして。という素晴らしい作戦なのではないか・・・思いついてウキウキしちゃった。やーめーてーやーるー。来月は就職活動でいそがしいから引継ぎの仕事をしている場合じゃないが、理事長続けて悶々としているよりは、仕事にもいい影響が出るだろう。
よし!
馬鹿よさらば。

posted by toto at 01:40| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする