2019年04月17日

レゴと注射針の国

昔昔、大昔につきあっていた男(借金が億単位であって絶対にありがとうとごめんなさいを言わない人)を含む一味に、暗殺されそうになるという夢を見た。最初はホテルのような白くて殺風景な部屋にいたのだが、どうもおかしいと思って外に出たら、人気の少ないところで暗殺者に近寄られ注射針(何故かプラスチック製)を刺されたか刺されそうになった。そこに人が通りがかって声をかけてくれたので助かり、もっと人通りの多いところに行ったら安心なんじゃないか例えばハロッズ(?)と歩き出すあたりで目が覚めた。
目が覚めてからしばらく頭が混乱して、現実に戻ってきても気分悪い・・・
今日は朝8時前から隣のホテルの壁の組み立てをしていて、音がけっこううるさい。○キ〇イハウスの壁はパネルをパタパタ組み立てて作るのね。レゴみたい。
ちなみに借金が億単位であって絶対にありがとうとごめんなさいを言わない人と何故つきあっていたのか?若気の至りだとしても。というツッコミは自分で自分にしているので、そこはそれ以上追及しないように。
posted by toto at 11:46| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする