2019年04月08日

上海蟹カフェイン

今うちの近所でみんなが噂しているshake shackのハンバーガーを晩ごはんに食べてみた。一番安いのでも700円ぐらいする。が、バーガーはバーガー。食後に胃がムカムカした。

夜9時から14歳の女の子の授業。「授業態度が悪い」などとコメントしている講師がチラホラいたが、別に、子どもってこんなもんじゃないの?っていう程度だった。14歳にマジギレする大人の方がどうかしてる。確かに、やっている教材と語学力レベルがあっていないが、それは学校のシステムに問題があるのであって、例え30分500円でも与えられた状況でベストを尽くすのがプロだと思うが。
と思って、いっぱい誉めて、文法説明入れて、漢字の読み方も1個か2個だけ直して、フリートークに答えやすそうな質問をして、と頑張ったところ、明日の夜も予約入れてくれた。ありがとう。でも、急に予約が入ると準備が大変だから、入れてくれなくてもよかったんだけどなあ。他の講師とレッスンをして怒られたら可哀想だから、それだったら私と勉強した方がいいかな、とは思うけど。
例のゼロ初級の女の人も、英語でムリクリ説明されたり、漢字が読めなくて一杯一杯注意されるより、私とちょっとずつ勉強した方がいいんじゃないか?とは思った。そんな、漢字なんかいきなり読めないって。自分が外国語を勉強した時のことを思い出せば、そんなに高い要求は出来ないはずだが・・・
いや、サリバン先生って偉い人だったんだなとつくづく思う今日この頃。

なんかねえ、カフェイン解禁後、コーヒーがおいしくておいしくて何杯でも飲んでしまう。そして上海蟹を聞く。中毒。
posted by toto at 23:39| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい加減上海蟹やめようと思うんだけど、やめられない。

午前中、マンションのあちこちの部屋を訪問してあれこれした。グレーな監査印は、旧監事と新監事の間で極めて京都的なやりとりがあったのち、ろくに資料も見ずに捺印された。もういい、押されればそれでいい。ちなみに、訪問した新監事さんのお宅の中がピカピカしていて、なんか豊臣秀吉のうちみたい、って思った。
午後、パソコン教室。パワポ検定の問題がやっと半分終了。2時間受講していると途中で眠くなってたまらんので、一度試しに、1時間で予約をとってみることにした。早く終わらせたいが、受験は連休明けかなあ。

今夜も一人、オンラインで予約が入っている。ずっと俯いたまま、か細い声でしゃべる14歳の少女らしい。文も作れないらしい。一体どうすんだろ?
ちなみに昨日、ずっと音読のみだった女性が、また週末に2コマ予約を入れていた。気に入ってくれたのか、めんどくさいだけなのか、なんなのかわからんが・・・意欲は認めるが、もうちょっとちゃんと勉強しないとお金がもったいないよ~。誰か助けてあげて欲しい。中国語ができる講師を受講してみてはいかがか? といっても、徐々にわかってきたのだが、講師のレベルもピンキリというか、どうやねん?っていう人が結構いるような・・・そもそも日本語業界自体がどうやねんって人が多いので、それを反映していると言えば言えるのだが。
posted by toto at 17:43| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海蟹

オンライン受講者4名。いやー、中国人いろいろ。
最初の女の人は、今まで2回ほど私を予約し2回とも現れず、3度目にしてようやく登場。頭にボタン色のターバンのようなものを巻いていた。そしてゼロ初級。ほぼ何一つ日本語を理解していない。何度も画面が落ちまくる。意思疎通が全くできず、勉強方法もほぼ理解してなくて、チャットで「後について音読します」と書いてきたので、ずっと音読。穴埋めの箇所も全部私が埋めて、ひたすら後について読む(話す?)練習。音読の合間に「はい、いいですね」と言うと、そこまで真似しようとするので、本当に全く何もわからないんだと思う。ということが途中で分かってきたので、とにかくひたすら、余計なことを言わず、読み続けた。彼女の今後の日本語ライフが幸多いものであることを祈るのみ。

それから普通の女性が二人続き(普通であることの有難さよ)、最後は初のリピーター張くん。相変わらず明るい。今日は映画の話で、恋愛映画が好き、「やはぎほのか」という女優さんのファンとのことで、今度、張くんおすすめの放課後ロストでも見てみるか。
「明るい」ということが貴重な性格特性であることを、最近しみじみと感じる。明るければなんでも許すね、少なくとも私は。

いや疲れたわ。くるりの上海蟹の歌をエンドレスで聞く。蟹エネルギーが注入されるような気がする。
しかし面白い、日本語教師の仕事は。学生が全員違うから、変化があって飽きない。向いてるとか向いてないとかは最早どうでもいい、とにかく変化があるのがいい。飽きっぽいから同じこと続けられないんだよなー。
posted by toto at 00:20| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする