2019年01月05日

蕁麻疹

昨夕、軽い雰囲気でスタートした蕁麻疹、夜寝ている間にもかゆくて何度か目が覚めるほど、どんどん増えていった。朝、直接見えないが手で触った感触では背中がボコボコになっていて、足にも直径10センチぐらいのが出来ていたので、これはダメだと病院へ。先生に「からだが疲れると出るんです」と説明され、薬7日分をもらった。前回、2日分飲んだら治ったので多いなと思ったら、今回も治ればそれ以上飲まなくてもいい、そして次にまた出てきたら、わざわざ診察に来なくても残った薬を飲んでおけばいいから、ということを暗に言いたいようだった。いい先生だ。
2カ月前にも出たのだが、原因になり得る要素はたくさんある。あるけど、一番最近直接ダメージが大きかったのは、やっぱり親がいたことだろうか。とにかく匂いが気持ち悪いというのは、脳を直撃してからだの全てを狂わせるような気がする。わけわからん話を聞かされ続けるのも。それがストレスってことか。
もう当分うちに来ないように、今から布石を打っておこう。祇園祭あたりがやばそうだけど、10月の検定までは来てもらっては困る。
posted by toto at 15:29| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おっしゃー

本日のテスト満点でクリア(試験する前に、出る内容を全部解説してくれ、暗記時間も与えられるので合格して当たり前)。次のテストは月曜。
夕方から、またちょこっと蕁麻疹が出てきた。年末年始の食べすぎと、親の接待疲れが原因か。父親の付けている変な香水の匂いがずーっとしていたのと、両親が互いに罵り合うのを聞いているのは明らかにストレスだった。将来こうなりたくなかいから離婚するのよねえと内心思いつつ、口には出さなかったけど。また来るからと、寝袋を置いていったが・・・ホントに来るんですか?

昨日は、元同僚の友人と初詣の後、お茶して晩御飯食べつつ延々としゃべった。よく考えると同じ会社に勤めていた人たちとは、既に20年以上の付き合いになる。長い。20年生きてるだけで驚くのに、未だに付き合いが続いてるってので更に驚く。何しろ20年なので、彼女はその間の私の浮き沈みを全部知ってるし、やっぱ相手のことよく見てるよなあと思う、お互いに。結婚してる間は、会ってしゃべってガス抜きって感じだったが、離婚すると決めてからは、会って話して頭の整理をしている感じ。やっぱり自分一人で何でも決めてると「これでいいんかな」と確認したくなることもあるので、時々誰かにしゃべって安心したくなる。最終的には自分で決めるけど、それにしても大きめの決断が最近多いかなーと思われるので。
家に帰ったら、フランス在住ハンガリー人の友達から、すんご~~~く長いメールが来てた。こんな長いもんをよくもまあ、小説ですかみたいな。音沙汰がなかった3年ぐらいの間にいろいろあったみたいで、去年、栄養学の学校のコースをオンラインで受講して資格をとったとのこと。もうこれまでみたいに銀行の契約社員で雇用→期限満了で無職→契約社員→無職の繰り返しはやめて、自分でヘルスコーチの仕事を始めるらしい。もともと、二十代で血のにじむような節約をして貯めたお金で母国にマンションを購入し、そこの家賃収入を自分の生活の保険にしている強者だから大丈夫だろ。ていうか、銀行に勤めてたら安泰ってわけでもないし、さほど興味のない金融関係の仕事にしがみつくよりは、なんでも好きなことを試してみた方が幸せそう。
そういえば、別の友達はピラティス講師になるコースに通ってるって言ってた。この二人は共通の友達で私はどちらとも仲がいいんだけど、栄養学VSピラティスはどーしても気が合わないようなので、かなり最初の時期から3人一緒に会うことはなく、別個に付き合っている。ま、人間関係いろいろあるわね。
でも結局、あーあの人がピラティス、なるほどね。この人は栄養学、なるほどね。私は日本語教師、なるほどね。と、各自それっぽい方面に向かっていってる感じがする。こっちは10年前にロンドンで知り合ったメンバー。10年も、けっこう長い。
posted by toto at 01:10| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする