2018年11月27日

もう寝たいのに

理事会資料を作り始めたら、10分ぐらいであっという間に半分出来てしまった。アホみたいに簡単に出来る。責任感の無さからか。
このまま最後まで行ってもいいけど、今日はもう寝たい。
おやすみなさい。
posted by toto at 23:03| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nobody's perfect

金曜の授業用に教案を作るも半分弱しか出来ず。明日の授業に向け、課題のテスト作成に移行。滋賀県のおじさんと組んで作っているのだが、やりだすと結構力が入ってしまい、私のたたき台をおじさんが直したのを、更に私が改良案2案作ってワードで清書までして、これホントにテスト作成してるみたいだなと思ったりして。
というような日々の課題のほかに、このHPもチェックしといてください、この本も読んどいてください、というのが大量にある。他の人が言われたとおりにやってるかどうかは知らないが、私は真剣にレベルの高い教師を目指しているので、言われたことは全部やるつもり。今は時間がないので少しずつしかできないけど、1年かけて全部おさえる。そして(くどいようだが)インドネシアへ。(ちなみにカンボジアでもいい)(追伸、フィリピンでも可)

元夫の給料日は毎月25日のはずなのに、毎月こっちへの振り込みが29日。なんでぎりぎりまで引き延ばすのか。こっちだって月末の支払いがいろいろとあるのにさ。毎月「ちゃんと振り込まれるだろうか?」とドキドキしながら待つ身にもなって欲しい。

しかし毎日いろいろあるわー。ありすぎて飽きない。
一時期狂ったように聞いていたAriana Grandeから最近はJessie J.に移った。ああロンドン行きたい。
posted by toto at 22:21| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

給湯器

朝、昨日のガス屋さんからの見積が来た。部品交換だけだと5万円、給湯器交換は18万円。
今日の午後、別のガス屋さんが見に来てくれるので、18万円以下でやってってお願いして全交換かな。

再確認したら正確には18万5千円だった。ここから2万円値引き交渉して全交換を目指す。元夫にも費用負担交渉をする。

町内会長さんから昨日の夕方と今朝7時に、携帯に電話があり、9時過ぎに自宅に電話したら奥さんが出てきて、用件を説明してくれた。要は隣のホテルのことで、説明会を開くように要請しているらしい。私は個人的には建つもんは建つんだからしゃーないと思ってるし、いくら何でも大手がわけわからんものを建てるはずはないと信じてるし、工事中の安全どうのこうのも工事が始まってみないとわからないし、そもそも大手だから大丈夫だろうと信じてるし(そればっか)、足場を貸してもらうからややこしいこと言いたくないし、どっちみち営業の人が何を説明しようとアテにならないし、それより自分のマンションの壁の工事がちゃんとできるかで精いっぱいですしもう。

他にもいろいろあり、実質一人でやってるにしても、形だけの陰のような存在でも夫がいるといないとでは諸々の負担が違うので、やっぱり夫というものはいた方が便利だと再認識した。よって、早くちゃんとした新しい夫を確保することにした。
posted by toto at 12:52| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Who You Are

朝、大阪ガスからあてがわれた人が来た。操作盤をいろいろ押して確認した結果、ガス給湯器自体は正常に作動していると。だのにエラー表示が出ているのは、基盤が悪いかセンサーが悪いかのどちらかで特定はできない。在庫があれば部品交換で直せるけど、なければ給湯器ごと交換になるから、調べたうえで見積をポストに投函しておく、と言って、出張料金はとらずにすーっと帰っていった。とりあえず今日、3千円払わずに済んだのはよかった。しかし給湯器交換となるとかなりの出費なので、どうせなら3か月程早く壊れてくれればよかったのに、と思う。ていうか、この料金を元夫に請求したら出してくれないかな。向こうは家の貯金も何もかもごっそり持って出て行ってるし、ボーナスはもらってるし、家族カードは使えないように止められたし、お湯が出なくなったら困るし。ほんとに。

昼から日本語。同じクラスで一番古株のFさん企画の忘年会の案内がまわってきたが、授業があって行けなくて残念。替わりに私が1月に、Fさんの送別会企画しますよ~と、Fさんと話が盛り上がる。(ちなみに娘さんが元夫のとこで勉強してるらしい…京都は狭くて恐ろしい…)その後、夜の授業が始まるのを待つ間、やはり同じクラスの大学生の男の子と話していたら、何かの流れから元夫の話が出て「離婚するつもり」と言ったら、すごくナチュラルに何の躊躇もなく「何歳ですか?」と年齢を聞かれた。いや、こんな年配女性に年齢を聞くのは失礼だろと思ったが、正直に答えたら、正直に固まっていた。(その年齢で離婚するのか?)と、驚いたっぽい。こないだの事務の女の子もそうだけど、20代前半から見たら50歳なんてすっごい老人で、その年で離婚するとか意味不明なんだろうなと思う。
どうでもいいが、最近、妙に老人扱いされてるな、と感じることが多い。老人&バカ扱い。世の中の人は、年とった女は30分に1回しか頭が回転しないと思ってるっぽい。まあいいけどさ。それで仕事もらえて金が稼げるなら何も文句はない。

いや、やっぱり文句はある。
老化防止に運動しよ。1年後にはショボクレ感を払拭し、検定も合格して10歳ぐらい若く見えるように立て直す。そして「ぜひインドネシアに行ってください」と政府機関に言わせてみせる。
posted by toto at 00:41| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする