2018年10月23日

腹痛

昨日の弁当を時代祭まっさかりの御所で食べ(知らずに行ってしまった)、帰宅後の午後3時ごろからお腹が痛くなる。時間からいって昼に食べたものが悪いんだろう、考えられるのはハンバーグしかない。魚の古いのもだめだが、肉もあんまり古いと気持ち悪くなることがこれまでにもあった。自分で作ったハンバーグを冷凍保存していて、三日前にも同じものを食べたのだがその時は何ともなかった。三日間のうちに何かがリミットを超えたのか、朝、火を通したものを常温保存して数時間後に食べたのがよくなかったのか。
それにしても昨日の痛さは激烈で、2、3分間隔で胃のあたりにすごい痛みが発生するといういつもとは少し違うパターン。そしていつもだったら痛みがだんだん下に降りていって、1、2時間すれば治るのに、昨日は2時間経っても痛みレベルが全く下がらないし、痛い場所も下がらない。
限界を感じたので医者に行きました。行けるかどうかすら怪しいぐらい痛かったけど、死に物狂いでいきました。
医者で痛み止めの点滴をしてもらい、痛み止めの飲み薬をもらい、点滴のおかげか帰るころにはだいぶマシになっていた。よかった~と思い、家に帰って胃にやさしそうな野菜ポタージュを作って晩御飯はこれでと思っていたら、1時間ぐらいしてまた腹痛くなる。また同じぐらい痛い。吐き気もする。もらった痛み止めを飲み、効くのか?ってほどまだ痛いのを我慢して耐える。結局その後も何度か痛いピークが来て、最終的に夜中過ぎには痛みが出てこなくなったので、寝た。

朝目が覚めると、疲れてぼーっとしている以外は痛みもなく大丈夫。結局ゆうべは何も食べてないので、作りかけのポタージュを仕上げて食べた。野菜と水と豆乳しか入ってないから大丈夫なはず。昨日が賞味期限だった鶏肉が冷蔵庫に残っていたが、もったいないけど捨てた。
学校行く前に予行演習しといてよかった。やっぱり弁当を持っていくのは危険な気がする。学校で冷蔵庫に入れさせてもらえるわけでなし、さほど暑くないこの時期でも肉が(私にとって)悪くなったんだとしたら、出先でそんなに危険なものを食べる勇気はない。外食するか、シリアルのバーかナッツでも持って行って食べてる方が安心。という結論に至る。
posted by toto at 08:07| 京都 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする