2018年09月29日

Made in the USA

マンションの簡易建物診断の日。金歯が塗料メーカーの人たちを連れてやってきた。金歯は相変わらずだったが、この人の一番すごいところは、下請けをきっちりいいとこ確保してるところである。こうやって塗料メーカーに上手いこと頼んだりとか。人望あるらしいが、今日はちょっと、出しゃばりすぎだな~と思った。管理会社任せにしといたらぼったくられると言っているが、じゃあ金歯に任せっきりならいいのか? なんでも金歯にお任せってことになったら、結局、管理会社任せと同じじゃん、ぼったくられるかどうかは別にして。
そもそも郵便ポストの工事でかなり働かされたのがカチっときてて、それは下請けのフクちゃんのせいではなく、元請がなんもしないことに問題があるのである。
で、結論。今度の壁塗装、2階までから6階までやることに変更したので、新たに別の会社で相見積とることにした。もし納期的に間に合うなら、そっちの会社で塗ってもらった方がいい。たぶんそっちもいい会社なので。
とこれは私の中の結論なのだが、結論出たら次は根回しして実行するのみ。

今日の簡易診断参加者は、私ともう一人の女性理事、その隣の部屋のおじさんの3名。終了後に、女性理事の方とお茶を飲みながら、現在の我が家の状況を説明して、本物の理事長(夫)はもうこの家にいないから私一人でやっちゃってるけど、いろいろ相談するから助けてね、とお願いした。そしたら、実はその人も離婚経験者らしくて、元夫のところから出てきてここのマンションを買ったのだそうである。驚いた。仲間がいたわ、同じマンションに。

午後、家裁から申立に関する招集通知が届いた。火曜に申請したばかりで、2週間かかるといっていたのが、まさかの週内到着。さっそく夫からメールが来ていた。何度来ても、返信しないけどね。必要ないから。こっちもまた結論が出ているので、あとは粛々と実行するのみ。

いろんなことの結論はずっと昔に出ていて、今はただヒモをずるずる引っ張っていると次から次へと結論が思い出したようにボコボコ飛び出てくるような感じ。
posted by toto at 21:34| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする