2018年09月19日

普通

とりあえず家の3分の2には念入りに掃除機をかけたが、残りはやらずに止まったまま。夫の荷物が消えた後に埃が大量に舞っているのでそれを吸い取りつくさねば。
掃除の合間に眼科と婦人科。眼科の方は、左目が微妙に進行していて止まらないので、また目薬追加。この目薬があわなかったら次はレーザーになるらしい。レーザーって。
婦人科は父のたっての希望で行ってきた。突然離婚と言い出すなんて、手術のせいでホルモンがおかしくなって更年期障害になったせいではないかという、例の説。男のくせに(と言ったら性差別か)、なんでそこでそんなに非科学的というか非論理的になるのか全く理解できないのだが。近場で済ませようと隣の産婦人科に行ったが、3時間以上待たされ、やっと診察室に入って、「私は更年期障害の症状は全くないんですけど、家族がどうしてもと言うのですいません」とめっちゃ言い訳して血液検査してもらった。それが昨日。今日は結果を聞いてきた。エストロゲンとFSHというのはちゃんと出ていて、残ってる右卵巣は正常に機能している。更年期症状があるというのは気のせいでは?と言われた(昨日の先生と今日の先生は違う人だったので、私のややこしい状況を今日の先生は知らない)。その検査結果をface timeで親に見せる。父は「検査項目は二つだけなのか?」と不満そうだったが、じゃあ、何の値を見れば納得するの?と聞いても、とくにアテがあるわけでもない。とはいえ項目が少ないと納得できない。夫といい父といい、どこまで自分勝手なんだか。

眼科に行く途中で、偶然、何年かぶりに謡の先生に会った。一度来なさいと言われたので、夕方久しぶりに能楽堂に行ってみた。昔一緒に奥志賀までいったYさんも来ていて、相変わらずしんどい~しんどい~とぼやきまくり(と言いつつどっかの会社の社長でお金持ちなんだけど)。そこで「夫が先週出ていったんですよーあっはっはー」と15分ほどしゃべって、「また時々来なさい」と言われて退出してきた。
ま、夫も基本的にはいい人だし、これまで上司には恵まれなかったが、友人知人には恵まれてるなあと改めて思ったのでした。
謡と革はお稽古したい。資金に余裕ができたら。
posted by toto at 23:32| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする