2018年09月11日

いい加減にしてくれー

今日は実家に行っていた夫が、夜帰宅。母に別居すると言ったら「うーんうーん、まあ好きにしたらいいんちゃう。ところで〇〇のことだけど…」と即、孫の話題に移り、以後、その話に戻って来ることはなかったらしい。だから孫のいない嫁のことなんかどうでもいいんだから、息子も諦めろよ。
数日前は即離婚即出てけだったのに、今日は離婚したくないと、毎日気分が変わるんだと。それは本人も大変だろうが周りも迷惑。そういうレベルで毎日気分が変わってその度に相手にその気分をぶつけるような人と一緒に生活するの無理。
すっごいストレスたまる。夫を歩く更年期障害と呼ばせていただきたい。(ちょっと意味がおかしいが)
posted by toto at 23:18| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔の名前

日本語教師養成講座の受講料を払ってきた。もういい。やる。やってみるしかない。日本語学校では最初から旧姓を使うことにした。長く付き合う人も出てくる可能性があるし、途中で名前変わるとか面倒だから。いつ離婚届け出してもらえるかわからないけど。
英語の方は逆にどんどんやる気がなくなっていって、絶望的にやりたくない。本当にやりたくない。

さてマンションの壁工事が昨日決まったので金歯に電話して発注。それから、不動産屋に電話して、隣地に足場を組む許可を新所有者からとってほしいとお願いした。今度の木曜に打ち合わせがあるので、その時に聞いてくれるとのこと。それとは別に、ポツっと残って屋根まで切られた隣地のもう一軒の家、ついに不動産屋の手に落ちたらしい。今度はそっちの境界確認があるのでよろしくということで、そのあと測量士の人からも連絡あり、今度は道路に面しているからちょっと手続きが多いとかで、管理規約のコピーを貸して欲しいと言われた。管理規約のコピーはなぜかうちにゴロゴロしているので、一冊貸した。
隣地にはホテルが建つという未確認情報もあり、どうなるんだかな~、こんなことなら夫じゃなく私がここから出ていけばよかったかもと思ったりして。とりあえず私は壁を塗るためにあと何年かここにいて、それから出てく、とか? まあ、住む家があるということは有難いことだということだけ考えて、マンション全体の将来とかあんまり深く考えるのはやめておこう。(といいつつ今後数十年の修繕計画を私が立てるんだけど)
posted by toto at 19:13| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする