2018年09月05日

何事も予想通りにはいかない

昨日の台風のなか、家で二人、旦那がいろいろ考えたらしく延々と話を始めた。最初はすぐに家を出ていって欲しいというようなことだった。そういわれても困ったので、とりあえず行政の法律相談を予約し、手続きとかどうしたらいいかまず確認することにした。沖縄で何があったのか、帰ってきたらえらくあっさり、それも早急に離婚したいと言い出した夫。そんなに急いでどうするかと尋ねたら、婚活するんだって。で、詳しいことは忘れたし、夫の話ってその場限りのことが多くて内容も分散しがちなので覚えてないんだけど、今日は出勤した職場からメールが送られてきた。さすがにメールは文章が整っている。口でがみがみ言われるよりいいので、言いたいことはメールに書いてとお願いしたら、ながながと、しかし口頭よりはよっぽどわかりやすい内容のものを書き送ってきた。
読んでけっこうびっくり。その後考え直した結果、旦那のほうが新しくマンションを借りて出ていくつもりらしい。それも来週と書いてあった。なるべく早く新しい人生のスタートを切りたい、今ならまだ間に合うみたいなことが綴られいる。ちょっと申し訳ないなあと思ったが、相手に言わせれば私の方が可哀想で、永久凍土の上に雪が降り積もってるようなところで、今後は暮らしていくようなもんなんだと。(おそらく極貧にあえぐであろうという意味かと推察される)
それにしても私は絶対ここを出ていくだろうと思っていて、実際、今日は不動産屋さんに賃貸アパート見に行ってきた。それが、当面ここにいることになろうとは、それはそれで困惑する。え、どうしようかなーと思う。夫は夫でここに住みたくない、かといって売るのも忍びない、まだ置いておきたい荷物もある、だから住んでくれと。
夫は金も仕事もふんだんにあるので、きっと新しいマンションで新しい人生で、楽しくやってくだろうと思う。が、私はここにいるのか~、と予想外の展開に一体これからどうなるんだろうと茫然とする。
posted by toto at 22:47| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

午前3時


posted by toto at 03:22| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする