2018年08月21日

10月までの予定

10月ぐらいまでにやりたいことの予定を書き出していたら、けっこう多くて「あれ、なんかいそがしいなー、キチキチじゃん」とか思ってリストを眺めていた。そしたら「あれ??」って一瞬頭の中が?だらけになってなんか抜けてるような気がするが何が抜けてるのかしばらくわからなかったのだが、抜けていたのは離婚でした。「いそがしいからしばらく離婚してるヒマないなあ」と思わず呟いてた。離婚ってそういう扱いでいいのだろうか。夫の相対的位置が下がっているので、離婚の脳内優先順位も下がってるというわけのわからない事態が。


御池通から本能寺が丸見え状態ってけっこう珍しいので、記念に撮った写真。

515A9D1B-00EA-4DCB-BC43-72BC43D921E3.jpg

本文とは一切関係なし。
posted by toto at 23:46| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣き落とし

自分の都合で事態をややこしくしてるとはいえ、男に泣かれてなんかどよーんとした気分になりそうなところ、なんとか落ち込まないよう努めている。これから二週間ずっと家に一人で、独立したら当然ずーっと家に一人なんだけど、それ大丈夫かなと、金より何よりそれが不安。一人でいるの好きなんだけど、なんか追い詰められがちなので。
とりあえずやるべきことを一個ずつ潰していくのみ。
当面、明日までに英語の契約書の課題を仕上げなければいけないのだが、この通信講座、本当に受講してよかったと思う。だって、自分がぜーーーーーんぜん契約書に向いてないということが身に染みてわかったから。何一つ頭に入らず、楽しくもなく、今後この件に関して自分が上達する見通しは皆無で、盛り上がるポイントが一つもない。だのになんでやってるかといえば、全課題提出すると別の講座の割引券がもらえるから、それ欲しさのみ。とりあえず英語の練習にはなるし。英語練習して今後なんの足しになるかは疑問だが。

とにかく、あんなに泣かれると、離婚したらいかんかなという気になってくる。これを泣き落としと呼ぶのだろうか。意外と効果あるんだな、泣き落とし。
(でも自分の経験では、泣いてなんとかなったことがない。私が泣いてもよっぽど可哀そうに見えないのか。)
posted by toto at 22:42| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思いつきそして挫ける

あんまり考えんとこと思いつつ、どうしても考えてしまうのが金の算段。人生50年、これを考えてどうにかなった試しがないのだが、ぼーっと歩いている時などつい考えてしまう。
今日は、生協に買い物に行った帰りに「出版社作ったらどうかな」と思いつき、けっこういい考えかもしれんと小走りで家に帰り、ネットで「出版社設立」と検索し、読んで即諦めた。
チーン。
posted by toto at 13:20| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経過報告

自分でもまだ8割ぐらいで、2割は不確定な話なのだが、夫と別れようかと思っている。
もともと、4月にばあさんの葬式に帰った時に「もう京都いやだ。実家に帰りたい」と思ったのがきっかけで、私が実家に帰ったら旦那どうするんだろう?と考えた時に、もうこれ以上世話をするのは嫌かなと。加えて、ばあさんの葬式をしながら、自分の家族は家族と思えるけど、旦那の家族はこうやって葬式出したりとかするの無理だし、もうこれ以上付き合えないと思った。あとはあれか、来年50歳になるので、50歳から先の人生を考えた。夫はいいところもあるが、悪いところもある。当然ながら。その悪いところを今後の人生もずっと我慢してくかっていうと、してかないだろうと。
まとめると、夫と夫の母に今後も我慢してくことはやめた。
やめたら気分的にすごいすっきりして、体調もどんどん良くなっていった。

もう一つ、決心がついた大きな理由は、お金のことがどうでもよくなったということ。やっぱり前は、離婚したくてもその後の生活のことを考えると、このままでいた方がいいかなと思った。なんか怖かったし。でも、体調が良くなって働ける気がしてきて、そしてそもそも、お金がそんなに大量になくって、年金が雀の涙ほどしかなかったとして、それが何か?って思ってしまった。ばあさんが死んだ時に。財産分与とかしてもらえなくて、一文無しで放り出されても別に構わん。それより、一人で自由に、死ぬ前にやっておきたいことがある。

前は、自分が何が好きなのかよくわからなくて、服でも食器でも食べ物でも色でも、何か理屈を付けないと選べなかった。好きとかいう感情がわいてこなかった。それが一カ月ぐらい前からか、好き嫌いがわかるようになってきた。これは好きとかこれは嫌いとか、ああ自分にもそういうのあったんだ、って驚いた。昔から買い物が苦手だったのは、何が好きなのかよくわからないというのもあったんだけど、好きなものがわかると物が買える。好きなものを買うっていう、バカ単純なことが初めてできるようになりました。ひょっとしたら昔はやっていたのかもしれないけど、もう忘れてしまうくらい昔だろう、やってたとしても。

思い立った当初は一年後ぐらいを目標にしてたんだけど、3日前にはずみで別れたいと思っていることを夫に言ってしまい、そしたら案の定、えらく動揺している。泣いてるところとか見ると、可哀想だし、ものすごい罪悪感がわいてきたりもする。正直、ちょっと決心が揺らいだりはする。でもねえ。私の人生だから。自分の人生を犠牲にしてもいいほど夫が好きかというと、それはない。
単に飽きただけかもしれない。飽きっぽいし。飽きたって、すごい悪人のようだけど、でもしょうがない。

で、今後どうなっていくのかわからないけど、どうにかなっていくんでしょう。
posted by toto at 00:20| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする